2020年02月26日

新型コロナウイルス予防対策

新型コロナウィルス予防対策


自分で出来る手洗い予防



連日、新型感染ウイルス「コロナウイルス」のニュースでもちきりです。

不特定多数の人が集まる場所には極力行かないのが良いのでしょうが、仕事をしているとどうしても交通機関の利用は避けられませんよね。

自分自身で出来る感染予防と言えば、マスク・手洗い・消毒などが有効な手段ですが、意外と正しい手洗いの方法は知らないものです。

厚生労働省のホームページに正しい手洗いの方法が掲載されていましたので掲載しておきます。

手洗い.jpg

マスクがなかなか手に入らない状況ですので、せめて手洗いくらいはキチンとやって感染予防に努めましょう。

自分自身の身を守ると同時に、自分が感染源にならないためにも。

そして、一日も早く感染が終息する事を願うばかりです。

オリンピック大丈夫かな ?




メガネの友愛ホームページ  http://meganenoyuai.com

posted by meganenoyuai at 08:56| 日記

2020年02月06日

マスクでメガネが曇る!

コロナウィルス・インフルエンザ・花粉予防のマスクでメガネが曇る


マスクをすると「レンズが曇って見えない」



コロナウィルスや花粉症対策でマスクをすると「息でレンズが曇って前が見えない」という経験ありますよね。今年は特にマスクが大活躍! 近所のドラックストアでもマスクが品切れ状態。花粉症の嫌な季節ももうすぐそこまで来てます。マスクをしても視界良好な強力くもり止め「アンチフォグ」で快適な冬をお過ごしください。

kumori_1.JPG

マスクをするときは、レンズに曇り止めを塗布しましょう。

アンチフォグ.JPGkumori_2.JPG

快適な視界が確保できます。


平間駅より徒歩3分のメガネの友愛で「曇り止め」取り扱っております。

どうぞ「メガネの友愛」にお立ちよりください。



メガネの友愛ホームページ  http://meganenoyuai.com

posted by meganenoyuai at 09:38| 曇り止め

2020年01月28日

メガネフレームのパーツのお話し

飾り鋲って知ってる?


メガネの深〜い知識のお話し。


まずはこの部分のお話し。

鋲1.JPG

メガネで一番壊れやすい部分が「蝶版」と言われるフロントとテンプル(手)をつなぐパーツです。毎日何回も何回も開閉させているうちにブラブラになったり、ぶつかって取れたりしやすいパーツです。写真のフレームはメイドイン鯖江の商品で、5枚蝶版を採用したシッカリした蝶番を使っています。さらに開閉がスムーズになるようワッシャーを入れ、チタン素材の蝶番のすり減りを防ぐとともにグラつきも抑えています。さすがはメイドインジャパン。



そして・・・このフレームの隅についてる「飾り」見たことありますよね。

鋲2.JPG

「飾り鋲」って言うんです。

安価な商品は本当にただの飾りとして付けてあるフレームもありますが、本来の「飾り鋲」の役目は、フロントの裏に取り付けてある「蝶番」をとれなくするためのものなんです。



鋲3.JPG


本来、飾り鋲の形はこんな形なんです。前から後ろに貫通させて、フロント裏の蝶番をガッチリ止めて、半永久的に蝶番を取れなくしています。ただの飾りとして取り付けているフレームは、熱で蝶番を埋め込むことが多く、そうすると使用しているうちにガタついたり衝撃を受けると、取れたりもします。



貫通した鋲を後ろでカシメてあります。

鋲4.JPG

貫通した鋲をカシメる事で半永久的に蝶番は取れなくなります。


メイドインジャパン・メイドイン鯖江・職人技のメガネは手間を惜しまず丹精込めて作られています。

やっぱり本物はすごい!!

そんな本物のメガネを当店ではたくさん揃えております。

平間駅近くにお越しの際は「メガネの友愛」に、「ブラ〜っと」お立ちよりください。



間駅から徒歩3分

メガネの友愛ホームページ  http://meganenoyuai.com


posted by meganenoyuai at 00:00| フレーム