2021年06月15日

ブローラインタイプ

ブローライン型メガネ

なんでblowlineって言うの ?


ブロー.JPG

眉の事を英語でbrowブローと言います。眉(blow)の形(line)から、ブローラインと呼びます。

この形は、1950年代に誕生したとされ、眉の薄いメリカ軍の軍人が威厳を出すために作らせた形がその始まりと言われています。

今も昔も長年に亘り愛され続けている伝統の形で、フォーマルにもカジュアルにも使える人気の形です。


JR平間駅徒歩3分マルエツ並び 

メガネ・補聴器の友愛 http://meganenoyuai.com

続きを読む
posted by meganenoyuai at 12:08| 日記

2021年04月07日

メガネ点検無料

メガネ無料点検実施中!!

ネジのゆるみやレンズの傷チェックします。


点検.JPG


コロナ禍でマスクが外せない日が続いていますね。マスクをしているとレンズが曇ったり、息でレンズ表面に埃が付着しやすくなり、メガネを外してレンズを拭く回数がどうしても増えてしまいます。

メガネの掛け外しの回数が多くなると、

@テンプル(うで)が広がって、緩くなってしまう事があります。

Aネジが緩みやすくなります。

B鼻あての部分息で汚れやすくなります。

Cレンズを拭く回数が増えるのでレンズに傷がつきやすくなります。

かけ具合が悪くなったり、レンズに傷がつくと疲れ目の原因になりますので、定期的な点検をお勧めします。

当店では無料点検クリーニングを実施しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。


JR平間駅から徒歩3分

メガネ・補聴器の友愛 http://meganenoyuai.com

続きを読む
posted by meganenoyuai at 17:58| 日記

2021年03月26日

メガネの曇り止め使用方法

メガネのくもり止め

くもり止めの正しい使い方


今回はメガネの曇り止めの正しい使い方(つけ方)をお話します。

コロナ禍でマスク生活が当たり前になって一年になります。そんなマスク生活で困るのは「レンズの曇り」ですよね。これからの季節は冬に比べればまだ良いのですが、やっぱりマスクでレンズが曇ります。以前にもこのブログで紹介しましたが、当店売れ筋ナンバーワンは「アンチフォグ」です。

アンチフォグ.JPG

くもり止め効果が高い「アンチフォグ」も使い方を間違えると効果が半減します。

@ まず、水でレンズ表面の埃を洗い流し、ティシュで拭き上げて下さい。

A アンチフォグ(他のジェルタイプのくもり止めも同様)をレンズの表面に塗布し、液体が透明になるまで、指でよ〜く伸ばして(摺り込んで)ください。

B ここがポイント!→くもり止めのジェルが十分に乾くまで約1〜2分待ってください。

乾かないうちに拭き上げてしまうと、くもり止めの効果が半減します。

C レンズに塗布したジェルが完全に乾いたらテッシュでレンズの両面をキレイに拭き上げて下さい。

環境によって異なりますが、正しく付ければ一日中曇ることはありません。

正しく使って、快適なメガネライフを楽しみましょう。


JR平間駅から徒歩3分

メガネ・補聴器の友愛

http://meganenoyuai.com

posted by meganenoyuai at 15:16| 日記