2021年06月15日

ブローラインタイプ

ブローライン型メガネ

なんでblowlineって言うの ?


ブロー.JPG

眉の事を英語でbrowブローと言います。眉(blow)の形(line)から、ブローラインと呼びます。

この形は、1950年代に誕生したとされ、眉の薄いメリカ軍の軍人が威厳を出すために作らせた形がその始まりと言われています。

今も昔も長年に亘り愛され続けている伝統の形で、フォーマルにもカジュアルにも使える人気の形です。


JR平間駅徒歩3分マルエツ並び 

メガネ・補聴器の友愛 http://meganenoyuai.com

続きを読む
posted by meganenoyuai at 12:08| メガネ選び

2021年05月18日

ティアドロップ型ってどんな形?

ティアドロップ型メガネ

teardrop型ってどんな形 ?


 ティアドロップ.JPG


ティアドロップは、下部の部分が垂れ下がり、涙の滴のように見えることから「ティアドロップ」「ナス型」とも呼ばれています。

この形のサングラスを見ると映画「トップガン」を思い出す方も多いのではないでしょうか。皆さんご存じのRayBanアビエーターが有名です。余談ですがaviator(アビエーター)とは飛行士(パイロット)と言う意味なんです。日本では飛行士をパイロットと言う言い方が馴染みですが、海外ではアビエイターと言うのが一般的らしいですよ。

ティアドロップ型は面長の人がつけると顔の長さがカバーされ、お顔のバランスが良くなります。逆に逆三角形の顔立ちの方、四角いお顔立ちの方が付けると、さらに顔立ちが強調されるので注意が必要です。男性的なイメージが強い形ですが、女性が掛けるとセクシーにカッコよく掛ける事が出来ます。ご年配の方にも良く似合います。是非一度試着してみて下さい。


 JR平間駅徒歩3分マルエツ並び 

メガネ・補聴器の友愛 http://meganenoyuai.com

posted by meganenoyuai at 09:23| メガネ選び

2021年02月02日

ウェリントン型

ウェリントン型メガネ


Wellington 型ってどんな形 ?



ウェリントン型とは、縦幅が広い逆台形の形をしたメガネで、メガネの中でも最も多く見かける形です。

なぜウェリントン型と呼ぶのかを調べてみましたが、1950年代にニュージーランドの首都Wellingtonで流行したので、そこからウエリントン型と呼ぶようになったとの説はありましたが、はっきりした理由は分かりませんでした。

ウェリントン型は比較的どんな顔立ちの方にも良く似合いますが、面長のお顔立ちの方に良く似合います。


Wellington.JPG



男女共に、プライベートなカジュアルファッションや、ビジネスでのフォーマルなシーンまで、幅広く使えます。
どんな形が似合うか迷ったら、一度ウェリントン型を掛けてみてください。きっとお顔に馴染んでシックリくると思います。
当店、メガネの友愛にも数多くのウェリントン型フレームを取り揃えておりますので、お気軽に遊びに来てください。

川崎市JR平間駅から徒歩3分
メガネ・補聴器の友愛
posted by meganenoyuai at 12:34| メガネ選び