2020年01月28日

メガネフレームのパーツのお話し

飾り鋲って知ってる?


メガネの深〜い知識のお話し。


まずはこの部分のお話し。

鋲1.JPG

メガネで一番壊れやすい部分が「蝶版」と言われるフロントとテンプル(手)をつなぐパーツです。毎日何回も何回も開閉させているうちにブラブラになったり、ぶつかって取れたりしやすいパーツです。写真のフレームはメイドイン鯖江の商品で、5枚蝶版を採用したシッカリした蝶番を使っています。さらに開閉がスムーズになるようワッシャーを入れ、チタン素材の蝶番のすり減りを防ぐとともにグラつきも抑えています。さすがはメイドインジャパン。



そして・・・このフレームの隅についてる「飾り」見たことありますよね。

鋲2.JPG

「飾り鋲」って言うんです。

安価な商品は本当にただの飾りとして付けてあるフレームもありますが、本来の「飾り鋲」の役目は、フロントの裏に取り付けてある「蝶番」をとれなくするためのものなんです。



鋲3.JPG


本来、飾り鋲の形はこんな形なんです。前から後ろに貫通させて、フロント裏の蝶番をガッチリ止めて、半永久的に蝶番を取れなくしています。ただの飾りとして取り付けているフレームは、熱で蝶番を埋め込むことが多く、そうすると使用しているうちにガタついたり衝撃を受けると、取れたりもします。



貫通した鋲を後ろでカシメてあります。

鋲4.JPG

貫通した鋲をカシメる事で半永久的に蝶番は取れなくなります。


メイドインジャパン・メイドイン鯖江・職人技のメガネは手間を惜しまず丹精込めて作られています。

やっぱり本物はすごい!!

そんな本物のメガネを当店ではたくさん揃えております。

平間駅近くにお越しの際は「メガネの友愛」に、「ブラ〜っと」お立ちよりください。



間駅から徒歩3分

メガネの友愛ホームページ  http://meganenoyuai.com


posted by meganenoyuai at 00:00| フレーム