2020年10月13日

意外と知らないメガネのしまい方

メガネのたたみ方。


意外と知らないメガネのしまい方の話です。

皆さんメガネのテンプル (うで・ツルとも言う) を、畳む時どっちのテンプルから折り畳んでますか?

私たちメガネ屋は習慣でふつうにやってる事ですが、メガネのテンプルは通常左のテンプルから折り畳むように作られているんですよ。下の写真は逆側の右から折り畳んだ写真です。

綺麗に折り畳めず、畳んだ時に厚みが出てケースに上手く収まりません。

このままケースを無理に閉めるとメガネの型崩れや破損の恐れがあります。


DSC_2836-1.JPG


下の写真は左テンプルから折り畳んだ写真です。

薄くリムなく折り畳めます。


DSC_2838-1.JPG


この状態でメガネケースの下にメガネ拭きを敷き、レンズ面を下向きにしてしまってください。


DSC_2840-1.JPG


寧に扱ってもメガネは掛け外しする時に少しずつネジが緩んだり、かけた時に斜めになったりするこ事があります。時々メガネ屋さんで点検してもらう事をお勧めします。

メガネ・補聴器の友愛では、メガネのお手入れや、補聴器のお手入れを店頭で可能なものは無料で実施しています。少しお時間を頂く場合もございますが、是非お気軽にお申しつけ下さい。

皆様のお越しをお待ちしています。



平間駅から徒歩3分  メガネ・補聴器の友愛

ホームページ  http://meganenoyuai.com/

posted by meganenoyuai at 11:17| メガネのお手入れ

2020年09月29日

もうすぐ秋ですね

もうすぐ季節は秋。


あと一日で10月

早いですね、月日が過ぎるのは・・・。


もうすぐ10月。一年あっという間に過ぎていきます。

2020年は本当にいろんな事が目まぐるしく過ぎていきますね。

それでも次の季節はちゃんとやってきます。

10月の花と言えば何を思い浮かべますか?

「金木犀」「コスモス」「ホウセンカ」私はコスモスを一番に思い浮かべます。


コスモス1.jpg

コスモスと言う名前の由来ご存じですか ?

ギリシャ語で「kosmos」は秩序と調和のとれた世界という意味を持つそうです。

また「美しい」と言う意味もあるようです。

美しく、秩序と調和のとれた世の中になるように、世界中のひとり一人が周りの人や自然に対して、思いやりをもって生活していければ良いなと思っています。

気候も良い季節になります。

ぶらっと平間駅周辺にお越しの際は、メガネ・補聴器のお手入れに「メガネの友愛」にお立ち寄りください。

お茶でも飲んでいってください。

お待ちしております。


平間駅から徒歩3分

メガネ・補聴器の友愛ホームページ http://meganenoyuai.com/


posted by meganenoyuai at 16:58| 日記

2020年09月24日

認知症【「耳が遠いが」一番危ない】

認知症、「耳が遠い」が一番危ない!

週刊文春の別冊特集で【『耳が遠い』が一番危ない】、という見出しの認知症に関する記事が掲載されていました。認知症発症のリスク要因で一番大きな要因が「難聴」だそうです。加齢性難聴は、本人はなかなか気づきにくく、ただ小さな音が聞こえにくくなるのではなく、母音に比例して「か行」「さ行」「は行」などの子音が聞こえづらくなるという特徴があり、例えば七時が一時聞こえたり、佐藤さんを加藤さんと聞き間違えたりするケースが増えて、本人はあくまでも加藤さんと思い、聞き間違えに気付かないケースも多いと言います。では、どのような場面が増えれば難聴を疑うべきか、下のセルフチェックで確認してみてください。思い当たるところが多ければ、いちど耳鼻科で相談されることをお勧めします。

聴こえのセルフチェック.JPG


平間駅から徒歩3分

メガネの友愛ホームページ http://meganenoyuai.com




posted by meganenoyuai at 17:55| 聞こえ